セフレとはセックスフレンドの略であり、文字通りセックスをすることがメインの関係であ ることはお分かりかと思いますが、女性がセックスに対して何を求めているかを考えることで、よりセフレが作りやすくなると言えるわけで、今回は女性の性生活に対する本音を洗い出しながら、セフレのターゲットとして女性にアプローチする際の注意点などを考えてみた いと思います。

多くの女性が自慰行為をしている訳

オナニーに関する統計は調べてみると多く散見されますが、オナニーをしている割合を簡単にまとめると男性で9割超、女性も約6割いることが分かります。

さらに女性に関して、なぜオナニーを行うのかという問いに対しては、オーガズムに達したいから、要するに「イキたい」からという回答が多く見られますが、これは裏を返せば、彼氏や夫とのセックスではなかなか絶頂に達することができない女性が多い、ということを表している訳です。

セックスは基本的に男性が絶頂に達するタイミングで一区切りつくので、よほど男性の体調が悪いとか機能に問題がある等がない限り、男性は達することで毎回満足を得られる訳ですが、女性がセックスでオーガズムに達することは男性が考えている以上に簡単な事ではなく、逆に自慰行為であればほぼ確実にイッた状態を味わえるため、エクスタシーを得ることを一番の目的としてオナニーをする女性が多いということが言えます。

この事を頭に入れておくことで、セフレにしたい女性へのアプローチが差別化され、ゲット 率が良くなる可能性は高まりますし、すでにセフレがいる状態であっても相手のホンネを察しやすくなり、より良好な関係を保ちやすくなるでしょう。

決してイカせる自信がないといけないわけではなく、セックスの相性や女性がイキやすい体 質かどうかという問題もあるので、あくまでも理解し努力する姿勢が大事になってきます。

彼氏や夫との営みがなくなっているからといって誰にでも体を許してくれる訳ではなく、逆 にセックスで女性をイカせる自信があるなら、他の要素にイマイチ自信が無かったとしても女性をイカせるテクニックは大きな武器になってくれるはずです。

性に関してオープンな環境作りを心がける

男性がセフレを欲しがる場合は、単に割り切ったセックスができればいいと考える事が多いように感じますが、女性は風俗等の欲求を満たす場所がある訳でもなく、セフレに対する要求は厳しい場合が多いという認識を持つ必要があるでしょう。

セックス自体や性癖の相性はとても大事な問題で、彼氏や夫とのセックスでは満たされない部分をセフレに求める女性が大半であると考えると、女性がオープンに話ができる状況を作ることで男性側もそれに合わせて動くことができるようになります。

特異な性癖を持った女性も多く、しかしながら彼氏や夫にはとてもそんな話ができない、そ ういった欲求を女性から引き出すことができれば、あとはコチラがそれに応えられるかどうかだけの問題になる訳です。

SM、目隠し、コスプレ、レイプ風、3P、アナルなど、アブノーマルなプレイは沢山ありますが、平たくいえば「変態」な性癖を潜在的に持つ女性は驚くほど多く、決して引いたりせずにその事を許容する、または積極的に受け入れることができれば、かなり強いセフレの関係を結べる可能性が高くなることでしょう。

優しさや思いやりも忘れずに

いくら体だけの関係と言えども、人としての繋がりは当然大事にしなければいけません。

女性が何よりも重要視するポイントであり、優しさや思いやりが持てなければ一夜限りの関 係さえ結ぶことは難しくなるでしょう。

気持ちが入りすぎて恋愛感情を持たれたらどうしよう、などと考えてしまうこともあるかもしれませんが、それはそもそもお互い様な話であり、人の感情なんてどう転ぶか分からない ものです。

残念ながら女性は見た目もそれなりに気にするので、見た目に自信がなければ性格その他で勝負するしかありません。

「この人となら寝てもいいかな」と思わせる事ができるくらいの優しさをたっぷりと味あわせられる努力を惜しまないようにしましょう。

相手優先で行動することが大切

とにかくセフレとして、女性としてこの上ない満足感を与えるためにはどうすればよいかを 常に考えることが大切です。

決して独りよがりな発言や行動をしないよう、注意してセフレ探しに励んでみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です